平成29年度入園募集のお知らせです。

ポスターはここをクリック⇒ 2017年度入園案内-5        2017年度入園案内-4

入園募集の内容やスケジュールここをクリック⇒  入園案内

保育園に入園できるのは?
椥辻保育園は、様々な理由で保育園保育が必要な方を、保護者に代わって保育するための児童福祉施設です。
京都市山科区福祉事務所が審査し入所基準に基づき入園が決定されます。

保育園見学はできるでしょうか?
保育園を実際に見学し、自分の目で確かめて保育園を選ばれることをお勧めします。午後はお昼寝をしているので午前中が望ましいです。事務室にパンフレットを用意しています。声をかけてください。福祉事務所に区内保育園の情報が用意してあります。 (http://www.i-kosodate.net)参考にして下さい。

保育園を選べるのか?
申込書に第一から第三希望まで記入できます。但し、年齢別の受入人数や、申込が多い時は保育必要度の高い方順になります。
定員に満たない場合はすぐ入園できますが、定員に空きのない場合は待機して頂くこととなります。
福祉事務所に相談して下さい。

 

転園はできるのか?
正当な理由であれば(例えば、兄弟が別々の園に通園しているとか、仕事の通勤に不便等の理由)転園も可能です。但し、定員に空きのない場合は少し難しい事もあります。

申込は早いほど入りやすい?
申込みの早い遅いは関係ありません。保育の必要度の高い方順になります。当然期限内に必要書類の提出は必要です。
一番入りやすい時は?
定員の枠に空きが生じれば(退園・転園等で)随時入園可能となります。
3月に年長児が卒園しますので、4月入園が一番多く入園出来ます。
育児休業明けに入園したいのだが?
年度途中の入園については、待機児童対策として京都市の指定を受け定員を超えての緊急入園を行っています。
該当者は育児休業明けで職場復帰する場合など緊急性が認められた場合です。慣らし保育がありますので職場復帰1ヶ月前の入園をお勧めします。
詳しくは福祉事務所、または保育園にたずねて下さい。

 

車で送迎できますか?
育園前に8台分の駐車場を用意しています。朝夕混み合いますので速やかに次の方に場所を空けて下さい。事故の起こら無いように車も歩行者も注意が必要です。付近のお家の前や駐車場にはとめてはいけません。尚駐車場での事故は一切責任を負いません。予めご了解下さい。

 

送迎バスはありますか?
保育園バスはありますが朝夕の送迎は行っていません。バスは遠足等のお出かけ専用です。
送り迎えは保護者の方が責任を持って保育室の先生までお願いします。
土曜日の保育は?
お仕事がお休みの方も多く、又、小学校が休みの土曜日はお休みを取りやすくするため自由登園日としています。
お父さんやお母さんと一緒に楽しいふれあいの休日を過ごして下さい。
お迎えの時間も12時から5時(最終)の間いつでも出来るようにしています。

臨時の時間外保育はしてもらえる?
お仕事等で長時間保育の必要な方には特例保育や延長保育があります。
今日、兄弟の小学校行事でお迎えが遅れる。急な仕事が入って遅くなる等臨時の時間外保育の必要な事もよくあります。
どのような理由でも登園時又は電話で連絡があれば臨時時間外保育を行います。臨時時間外費用が必要となります。

ならし保育(短縮保育)の期間は?
入園後子どもへの負担を出来るだけ少なくするために、2段階2週間をかけてならし保育を行います。
お仕事等都合をつけて頂きますようお願いします。中にはもう少し時間のかかる方もあります。
状態を見ながら延長することも出来ます。担任と相談して進めましよう。

 

午睡をするのでしょうか?
0・1・2歳児は一年を通してお昼寝をしています。
3歳児は10月まで、4・5歳児は日の長い時期、プールや水遊びを行う6月~9月のみお昼寝をします。
なにぶん幼い子どもです。体力的にもお昼寝は必要と考えます。ただ必要度に個人差が多くあります。強制はせずに見守りたいと思います。また個々にお昼寝が必要な子どもは配慮します。

布団はどうするのでしょうか?
お布団とパジャマの用意が必要です。家庭からご持参下さい。
シーツは週末に持ち帰り、布団は月に一度持ち帰り干してあげて下さい。
業者のリースもあります月額1500円で毎週業者が交換します。
おむつはどうでしょうか?
布おむつ又は紙おむつどちらでもOKです。便利な方で結構です。穏やかな声で[オシッコでたの。キレイに気持ちよくしようね]等と語りかけながら替えてあげることが大切です。生活の雑務は手抜きしても、子どもとの関わりでの手抜きは厳禁です。

転園のため、前の保育園のカバンや教材があるのですが?
子どもが嫌がらなければ、同じような物は使って頂いて結構です。担任と相談してください。
ただし、新入園の場合は椥辻保育園指定のものをご購入下さい。

粉ミルクやほ乳瓶は?
すべて保育園で用意します。保育園で使用している粉ミルクを使用しますが、メーカーや種類について希望がありましたら相談をお受けします。
冷凍母乳は保管等の安全性に問題があるため行っていません。

お箸やスプーンは持っていくのですか?
0・1・2歳児の給食の用意はすべて保育園で準備します。
3・4・5歳児は、給食袋にお箸箱セット(箸・フォーク・スプーン)・コップ・歯ブラシ(3歳児は6月より使用)・おしぼりを入れて毎日必要となります。

 

除去食はできますか?
保護者からの要請を受け、除去が必要とあれば対応します。前後を問いませんが必ず医師の診断が必要です。
一人ひとりの状態に合わせ、アレルゲンとなる食材は除去します。出来る範囲で代替食材を使用します。

離乳食はしていますか?段階はどのように分かれていますか?
お家での食事の様子を聞きながら子どもの成長に合わせ、離乳食をすすめていきます。
又、食材の味を子ども達が覚えていくことができるように、薄味に心がけています。
離乳食の終了後は移行期を経て幼児食に移っていけるようにしています。
お弁当の日はありますか?
3・4・5歳児は遠足など行事の時、お弁当とおやつの用意をお願いします。
それ以外は毎日給食です。2歳児は2月か3月にお楽しみでお弁当の日を1~2回行います。

延長保育には何か食べる物がでますか。
0・1歳児は夕方にもう一度おやつを食べます。
2・3・4・5歳児はお帰りの時お菓子のおやつが少しあります。(夕方にたくさん食べると夕食が食べられなくなります。)

 

熱が出たときは?
熱が出たときや機嫌の悪い時は無理をしないようにして下さい。出来ればお休みを取ってあげて下さい。子どもの病気の特徴は治りも早いのですが、悪化も早いものです。保育園の熱の基準は次のように考えています。 ●37.5℃まで 平熱
37.5℃~38.0℃ 熱がある 保護者に様子を連絡 お迎え又はしばらく様子を見ながら保育する
38.0℃以上 熱がある 直ぐにお迎え 医師にかかる
お薬を飲ませてもらいたいのですが?
保育園では薬は飲ませません。お医者さんに「保育園では薬を飲ませてもらえないので」と相談してください。
保育中に保護者の方が飲ませに来ることは可能です。

 

病気のあとはいつから登園できるのでしょうか?
抵抗力の小さな0歳児からの幼い子どもたちの集団生活の場です。軽い病気でも流行は絶対に避けたいと考えます。病院で医師より登園の許可(口頭で可)を得たうえ登園して下さい。
尚、登園をご遠慮頂いている主な病気は法定伝染病をはじめとして・百日ぜき・風疹・はしか・ポリオ・インフルエンザ・ウイルス性肝炎・水痘・おたふくかぜ・とびび・手足口病・流行性結膜炎・プール熱・リンゴ病・ヘルパンギーナ等です。
親子遠足はありますか?
0・1歳児は9月中旬の土曜日11時~1時に1回参観を兼ねて親子お楽しみ会を保育園で開催します。
2・3歳児は9月初旬か11月初旬、4歳児は6月初旬、5歳児は3月にお別れ遠足として開催します。
参加者は実費の負担となります。年度初めに日程をお知らせしますので都合をつけてご参加下さい。

 

保育参観はありますか?
年2回、学年毎に土曜日の11時より行います。保護者の方が欠席されますと子ども達が寂しそうな様子です。
日程は年度初めにお知らせしますので出来るだけ都合をつけてご両親揃って参加して下さい。
5月に行う0・1・2・3歳児の1回目は給食試食会も兼ねて行います。尚参観当日は保育の妨げとなりますのでカメラ・ビデオは禁止しています。保育終了後はご自由に。

懇談会はありますか?
学年別のクラス懇談会(5月・3月夕方4時30分~5時30分)と個人懇談会(6月・11月)を定例として実施しています。
懇談の必要が生じたとき直ぐに行いより一層の連携をもてるようにと考えています。新入園児は入園の前に個人面接を行います。家庭訪問はありません。

保育園に慣れずに泣くのでは?
大好きなお母さんやお父さんと別れて過ごすことになります。不安な気持ちになり別れたくないと泣いたりぐずったりは当たりまえです。
先生がいるので大丈夫、保育園も面白いなと思えるまでにはしばらくかかります。個人差があります。親・子・担任共々一緒になってがんばりましょう。

入園をひかえ子どものことで気になることが?
入園前に担任と個人面接を行います。主に健康状態や子どもの様子をお聞きします。
そのとき心配な事(人見知り・小食・内気・乱暴等)を担任に相談してください。色々お聞きしたうえで保育がスタートします。

 

毎日どのように過ごしているのですか?
保育園は、0歳児から5歳児まで幅広い年齢の子ども達が過ごしています。年齢毎に異なった生活時間を過ごし、保育内容も異なった目的で行われます。
「一日の保育の流れ」をご覧下さい。園見学に来られた時にご覧下さい。少しはわかるかと思います。

幼稚園とどう違うのでしょうか?
幼稚園と違う所は保育園では長時間生活する場としてあることです。
長い子どもは11時間以上保育園で生活します。眠っている時間を除いたら家庭にいる時間より長い時間を保育園で過ごしています。
だからこそ、家庭での親子の良い関係の時間が大切です。

 

入園時に手作りの準備はありますか?
特に必要ありません。準備物等についても3月中旬の入園説明会にお話します。手間のかかる物はありません。

入園前に子どもにしつけておくことはありますか?
特に必要ありません。衣服の着脱・トイレ・食事など身の回りのしまつを入園までにと考える必要はありません。
保育園ではそういう事を保護者と一緒になって子育てしていくところです。入園前の大事なことは「保育園は楽しそうやね。困った事は先生に言ったらいいよ。」等と安心出来るようにそして期待をふくらませるような接し方です。
必要以上に甘やかしたりわがままを許すのは良くありませんが、「そんなことしたら先生に叱られるよ。」等と不安にさせることは厳禁です。